ここから本文です

DeNAルーキー今永が3勝目! ロペスが決勝3ラン含む全4打点の大暴れ

Full-Count 5月21日(土)20時50分配信

ロペスは2試合連発の11号

 DeNAのドラフト1位ルーキー今永昇太投手が21日の敵地ヤクルト戦で7回3安打1失点の好投を見せて3勝目(4敗)を挙げた。1-1の同点で迎えた8回にロペスが2戦連発となる11号3ラン。ルーキーを援護し、4-1の勝利を手にした。

 今永は5回までヒット1本に抑えるピッチング。4回にはロペスがヤクルト先発の山中からセンターへ適時打を放ち、1点を先制する。

 しかし6回、今永は1死から坂口に三塁打を浴びると川端に同点タイムリーを浴びて試合は振り出しに。それでもルーキー左腕が7回まで1失点に抑えると、8回2死一、三塁の場面でロペスが代わったばかりの秋吉の初球を捉え、左翼席へ勝ち越し3ラン。再びリードを奪う。

 DeNAは8回から三上がマウンドへ上がり、1イニングを無失点で切り抜けると、9回は守護神・山崎康が締めてリードを守った。ヤクルトは山中が8回途中を4安打2失点と力投を見せたが、打線が1点止まりで連勝はならなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月21日(土)21時7分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)