ここから本文です

ネイマール、バルサ退団を考慮か レアルがオファーも、争奪戦をリードするのはあのクラブ!?

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)19時49分配信

退団報道が再燃

彼がメディアの餌食となるのはこれが初めてではない。最高の環境で、最強の仲間と共に、この上ないパフォーマンスを見せるネイマールだが、なぜか定期的に“望まぬ形で”紙面を飾ることになる。

勝ち点91を積み上げ、永遠のライバル、レアル・マドリードに1ポイント差でリーガエスパニョーラ優勝を決めたバルセロナ。例年のごとくリオネル・メッシやアンドレス・イニエスタといったお馴染みの名手らが素晴らしい仕事ぶりを披露した一方で、2013年よりバルサ入りしたネイマールの急成長は見過ごせないだろう。観客の度肝を抜く変幻自在なドリブルと、圧巻のシュートセンスを誇り、メッシに勝るとも劣らない存在感を発揮。クラブはこの将来有望なアタッカーとの契約延長を進めており、国王杯決勝後に締結を発表する予定だとされるが、ブラジル『Globo Esporte』は異なる見解を示している。同メディアはマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリード、そしてパリ・サンジェルマンから寄せられる魅力的なオファーを、ネイマールが真剣に検討していると伝え、バルサから退団する可能性もあると指摘。現時点では資金力が突出するPSGが他の2クラブをリードしていると報じた。

パリは今季限りで退団するズラタン・イブラヒモビッチに代わる華のあるアタッカーを模索しており、ネイマールの他にもレアルのクリスティアーノ・ロナウド獲得を画策中だとされる。いずれにせよ、バルセロニスタはネイマールが魅せる魔法のようなプレイをまだまだ堪能したいと願っているはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月21日(土)19時49分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]