ここから本文です

カネは無限に使ってOK!? チェルシーがイグアイン獲得に向けて“本気”の攻勢へ 英メディア「すでに交渉」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)20時20分配信

イタリアで輝くエース狙いか

イングランドのチェルシーがついにイタリアのナポリとゴンサロ・イグアイン獲得に関する交渉を開始したようだ。もちろんナポリはチェルシーに対し、多額の移籍金を求めることになるという。

今季のセリエAで35試合に出場し36ゴールを挙げる活躍を見せ、66年ぶりに同国の得点記録を塗り替えたイグアイン。2013年にパリ・サンジェルマンへと去っていったエディンソン・カバーニの“補填”としてナポリにやってきたこのアルゼンチン人は、前エースを上回る結果を残し、多くのビッグクラブを魅了している。英『Squawka』によるとチェルシー首脳陣は先週にナポリ幹部と接触し、すでにイグアインの移籍に関する交渉を行っているようだ。ナポリがエース放出に6500万ユーロ(約80億円に相当)以上の移籍金を要求しているのに対し、チェルシー側は4500万ユーロ(約55億円)での交渉締結を希望。しかしオーナーのロマン・アブラモビッチ氏は、来季より就任予定のアントニオ・コンテに対し、“無制限の投資”を許可したと同メディアは伝えている。

今夏に大胆な改革が実行されることになりそうなチェルシーは、誰を獲得し、誰を売却するのか。少なくとも、石油王の覚悟は固まっているようだ

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月21日(土)20時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]