ここから本文です

「彼は戦術面において信じられないレベルにある」 ペップが最もクレバーな選手と讃えた男が戦術論を語る

theWORLD(ザ・ワールド) 5月21日(土)20時30分配信

サイドと中央でプレイしたラーム

これまでバルセロナとバイエルンを指揮してきたジョゼップ・グアルディオラは、両クラブで信じられない戦術を複数編み出してきた。そのアイディアは世界の一歩先を行っていると言われ、それこそグアルディオラが世界最高の指揮官と呼ばれるゆえんだ。

そんなグアルディオラが最もクレバーな選手と讃えたのがバイエルンDFフィリップ・ラームだ。ラームはグアルディオラの下でサイドバックとセントラルMFの両方をこなし、グアルディオラの戦術を理解していた人物だ。

英『Daily Mail』によると、ラームはグアルディオラの戦術の全ては明かせないとしながらも、グアルディオラの考えている戦術がとんでもないレベルにあるとコメント。また、フットボールのトレンドが変わったことについてもコメントしている。

「フットボールは大きく変わった。ほとんどのトップチームが中盤に多くの人数を割くようになったし、もう古いタイプのサイドバックは求められていない。グアルディオラの戦術を全て明かすことはできないけど、彼は戦術面において信じられないレベルにある。僕はこれまでサイドバックでプレイしてきたけど、彼の下ではより中央でプレイするようになった。対戦相手によって戦術を使い分けているんだ」

「中央でのプレイはスーパーだったよ。僕は長くサイドバックでプレイしてきたけど、中央からは別の景色が見えた。この年齢になってレベルアップできたよ」

グアルディオラは来季から指揮を執るマンチェスター・シティでも様々なアイディアを出してくるだろう。それによって再びトレンドが変わることになるかもしれないが、果たして今度は何を見せてくれるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月21日(土)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。