ここから本文です

青木玄徳、「映画で勝負したい」 テニミュ、仮面ライダーの経験を糧に

クランクイン! 5月21日(土)8時20分配信

 『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』の跡部景吾役や、『仮面ライダー鎧武/ガイム』の戦極凌馬役などを演じ、個性を発揮してきた俳優・青木玄徳が映画『闇金ドッグス3』(5月21日公開)で主演を務めた。青木演じる須藤司は、元ホストで借金まみれの末、闇金に売られた男。過去2作を経て、ついに主演の座についた青木に、作品の見どころや自身の野望などについて聞いた。

【関連】「青木玄徳」インタビュー<フォトギャラリー>


 開口一番、青木は「須藤、成長しましたよね」と語ると笑顔を浮かべる。パート1で登場した時は、ホスト仲間の借金を踏み倒し、闇金に流れ着いたあげく、見ず知らずの女性と偽装結婚をさせられても、ヘラヘラし、さらに街金から金を借りるような“最低の男”だった。それが本作では、動機は不純ながらも、地に足がついた男になった。

 「台本読んだときに、劇的なストーリーではなかったのですが、素直に『頑張ったじゃん須藤』って思えたんです。そしてそういう部分だけを純粋に描けたらうれしいなって思ったんです」と青木は語る。ちょっとした人間の成長を描くことには「すごく難しいと思いました。役者って劇的なものを求めてしまったりするじゃないですか。しかも今回は主演。でもその難しさに向き合った時間は、かけがえのないものだったし、色々なものが培われた。役者としてすごく有意義な時間でした」としみじみ。

 さらに『牙狼‐GARO‐ ~闇を照らす者~』でも共演経験がある津田寛治からは多くのことを学んだという。「『牙狼‐GARO‐』の時も悪役をやられていたのですが、今回の悪ぶりがまた全然違うんです。すごく尊敬している俳優さんなので、津田さんとのシーンは何も考えずに、全部ぶち込んでやろうという気持ちで思い切りやりました」と撮影を振り返る。そんな青木の心意気に津田も全身全霊で答えてくれたという。「津田さんは愛のある優しい方なので、すごくありがたかった。細かいところも本当に上手で、同じフレームでお芝居するのが怖いくらいでした」。


 青木演じた須藤は、本作で上昇志向が芽生えてきた。青木自身もそういう気持ちがあるのか問うと「最近沸いてきましたね」とニヤリ。「映画がすごく好きで、自分自身も出てみたいという思いが昔からあったんです。この作品がそういう気持ちをどんどん持ち上げてくれるんです」と目を輝かせる。

 そして「いまは映画というジャンルに主軸を置いて活動をしていきたいと思っているんです。ガッツリエンジンをかけて、止まることなく走っていきたいです」とキッパリ。「映画館で映画を観るのが本当に大好きで、そのスクリーンに自分が写っているなんて、考えただけでもすごいことですよね。そんな夢に少しずつでも近づけているというのがうれしいんです」。

 そんな気持ちになったのは、青木のこれまでの作品へのひたむきな取り組みに起因している。「ミュージカルや舞台、ドラマなどを経験させていただいたことはとても貴重な時間でした。そういう経験があったからこそ、映画という世界で勝負したいと声に出していえるようになったんだと思っています」。

 好きな映画監督を聞くと、デヴィッド・フィンチャーやクエンティン・タランティーノなど外国人監督から、日本人監督まで次々と名前が上がる。中でも豊田利晃監督の世界観が大好きだそうで「『青い春』とか『ナイン・ソウルズ』とか最高ですよね」と映画少年のように楽しそうに作品の話をしていた。

 「とにかくいろいろな役に出会いたい。小説を読んだ時に『あ、このキャラクターなら浅野忠信さんかな』なんて思い浮かぶ俳優さんっているじゃないですか。もし自分が、多くの人の中で、そういう存在になれたら最高ですよね。いまはまだまだですけれど、自分を磨いて頑張っていきたいです」と力強く語ってくれた。(取材・文・写真:磯部正和)

 映画『闇金ドッグス3』は絶賛上映中。

スタイリスト:吉田ナオキ
衣装協力:EGO TRIPPING 、GARROT TOKYO

最終更新:5月21日(土)8時20分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。