ここから本文です

柳楽優弥、山田孝之から『勇者ヨシヒコ』出演オファーを告白

クランクイン! 5月21日(土)15時35分配信

 俳優の柳楽優弥が21日、映画『ディストラクション・ベイビーズ』の初日舞台挨拶に、共演の菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、真利子哲也監督らと登壇。柳楽の演技を絶賛した山田孝之から「ヨシヒコ出ない?」と人気ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズへの出演オファーを受けたことを告白した。

【関連】柳楽優弥、菅田将暉ら登場『ディストラクション・ベイビーズ』初日舞台挨拶<フォトギャラリー>


 『ディストラクション・ベイビーズ』は、愛媛県松山市の小さな港町を舞台にした青春群像劇。“物の怪に憑かれた”ようにストリート・ファイトをくり返す主人公・泰良を中心に、若者が抱く狂気や欲望を描く。

 泰良を演じた柳楽は開口一番、満席の会場を見て「緊張します」と挨拶。「才能、魅力あふれるキャストの方、スタッフの方と映画をしっかり作り上げることができたことに感動しています」と語り、感無量の様子を見せた。MCから昨日は眠れましたかと心配されると、「チョー寝ました」と答えて観客を沸かせるも、菅田から「寝たんかい。『柳楽優弥でも寝れないことがあるんだ』というキャッチーな感じだったのに」と“お叱り”を受けた。

 菅田は映画前の衣装合わせが長かったと語り、「過去最長でした。3、4時間くらい話し合った」と回想。「“この台本から来る熱量は何なんだ”と思って。あと、この作品に直前にさだまさしさん役をやっていて、さらにこの後(本作の後)は総理大臣役だったんですよ。だから、ここで全部バーッ!と出したいというのがあった」と本作に気持ちを存分にぶつけたことを明かし、自身の役の変わりようを客観視し「スゲー人生」とつぶやき、会場の笑いを誘った。

 キャバクラ嬢の那奈を演じた小松は、「役を想像するときが楽しかった。今までになかったことので役作りが新鮮でした」と振り返る。続けて、今だから言えることを問われると、「菅田さんのことが嫌いでした」と爆弾発言。「(映画の中では)役もあってただただ暴力をふるわれた。もう……」と話しながら菅田と向き合って「今は大丈夫」と笑顔を見せて“和解”した様子を見せた。

 またMCが、山田孝之が柳楽の演技を褒めちぎったツイッターのコメントを紹介。柳楽が山田にお礼の返事をしたら「『ヨシヒコ出ない?』って書いてあった。」とドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』への出演オファーを受けたことを明かして観客から笑いが起き、「(褒めたのは)そのためだったのかなぁ?」と首をひねっていた。

 映画『ディストラクション・ベイビーズ』は5月21日公開。

最終更新:5月21日(土)16時21分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。