ここから本文です

浪川大輔、知り合って30年の堀内賢雄に「人間的に成長したよ」“オヤジ”に逆らえず!?

クランクイン! 5月21日(土)15時35分配信

 浪川大輔、堀内賢雄が21日、劇場版『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』の初日舞台挨拶に新キャラクターロベルトを演じた富田美優、林祐一郎監督と共に登壇。主人公レオン役を演じた浪川は「やっとここまできたな」と、初日を迎えた今の心境を明かした。

【関連】『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』作品フォトギャラリー


 本作は、『牙狼〈GARO〉』初のアニメーションの劇場版であり、シリーズ10周年記念作品。シリーズ初のアニメ作品として『牙狼〈GARO〉 ‐炎の刻印‐』から4年後を描いた完全新作となる。

  昨日、同劇場に足を運んだという堀内は、現在1階劇場前に掲出されている同作の大きな看板の前にたたずみ「おぉー『牙狼』劇場版!」と、ひと足早く感動の余韻に浸っていたと告白。「ヘルマンも登場してるしね(笑)」と、自身が演じたキャラクターの復活も茶目っ気たっぷりに喜ぶ。

  一方、富田は本作に新キャラクター・ロベルト役として『牙狼』チームに初参戦。当初は緊張したと言うが「すごく落ち着く現場でした」と振り返る。堀内と浪川については役柄同様「お父さんとお兄ちゃんという感じ」だったそうだ。

 本作はTVシリーズから4年後ということで、自身演じるレオンについて浪川は「ただのクソガキだったんですけど、だいぶ成長したなと思いましたね」と感慨深い様子。そんな浪川に対し堀内は「レオンと共に浪川くんも成長したのが嬉しい(笑)」とニンマリ。堀内からの思わぬツッコミに浪川は「僕、賢雄さんと知り合って30年近く経ちますけど、まだ成長の伸びしろがあったっていうことですか!?」と言い返す。浪川の返答に堀内は「人間的に成長したよ(笑)」と余裕の表情でやり込め、「僕も(牙狼に)成長させてもらったしね」と語った。

 劇場版『牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐』は絶賛上映中。

最終更新:5月21日(土)15時35分

クランクイン!