ここから本文です

岩隈、6回3失点で2勝目! 代打・青木が好機演出、李大浩は決勝打&6号弾

ベースボールキング 5月21日(土)12時11分配信

● レッズ 3 - 8 マリナーズ ○
<現地時間5月20日 グレートアメリカン・ボールパーク>

 マリナーズの岩隈久志が現地時間20日(日本時間21日)、インターリーグ(交流戦)のレッズ戦に先発登板し、6回3失点で今季2勝目(4敗)を挙げた。

 岩隈は初回、簡単に二死を奪うも、3番ボットに四球を与えたあと、4番フィリップスに左中間への二塁打を浴びた。マリナーズは左翼手・スミス、遊撃手・マルテが的確な中継プレーを見せたが、アウトのタイミングだった本塁送球を捕手のイアンネタがポロリ。岩隈はもったいない形で先制点を許した。

 岩隈は3回にも1番コザートにソロ弾をバックスクリーンへ運ばれ2失点目。4回は再び四球絡みで一死一、二塁のピンチを招くと、8番バーンハートに右前適時打を許した。

 それでも続くピンチを凌ぐと、5回はこの試合初めての三者凡退。6回も落ち着いて無失点に抑え、岩隈は悪いながらも6回を3失点。6安打6奪三振3四球の内容で、今季の防御率を4.39とした。

 マリナーズは1-3で迎えた7回表、先頭の8番マーティンが中安で出塁すると、9番岩隈の代打でこの試合スタメンを外れていた青木が登場。その青木が中前打でチャンスを広げると、その後、連続の押し出し四死球で3-3の同点に追いついた。

 さらに二死満塁から、こちらも代打で登場した李大浩が、勝ち越し2点適時打を右前へ。李大浩は9回にもダメ押しとなる6号ソロを放ち、途中出場ながら一発を含む2安打3打点の大活躍。岩隈の2勝目をアシストした。

 青木は代打の1打席のみの出場。1打数1安打で打率.228、出塁率を.318とした。

BASEBALL KING

最終更新:5月21日(土)12時22分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。