ここから本文です

大空を鮮やかに…台湾・屏東で凧揚げの国際イベント 日本からも参加者

中央社フォーカス台湾 5月22日(日)14時57分配信

(台北 22日 中央社)高屏渓河浜公園(屏東県)で21日、凧揚げのイベント「屏東国際風筝節」が開催された。子供たちを対象にした凧作り体験が行われたほか、日本やドイツなど世界各地から持ち込まれた凧も披露され、大空を鮮やかに彩った。

会場となった公園は、2009年の台風8号で被災したものの、県が再建に取り組んできた。潘孟安県長は、公園の完全復活をアピール。県内にある小学校8校の児童が1000匹のマグロを描いた凧を揚げてイベントの開幕を宣言した。

凧を通じた国際交流を進める櫻庭義造さんは青森県から訪台。伝統的な津軽凧を県に贈呈した。

イベントは22日と28日にも開催される。

(郭シセン/編集:齊藤啓介)

最終更新:5月22日(日)14時57分

中央社フォーカス台湾