ここから本文です

“ブーストモード”で290psを叩き出す「ゴルフ GTI クラブスポーツ」ビートル初のクロスオーバー「ザ・ビートル・デューン」Volkswagen Day 2016にて披露

オートックワン 5月22日(日)8時20分配信

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは5月21日~22日の2日間、東京・お台場の特設会場において、フォルクスワーゲンの体験型プログラムが楽しめる大規模イベント「Volkswagen Day 2016(フォルクスワーゲンデイ 2016)」を開催している。

5月21日、お台場で開催された「Volkswagen Day 2016」にて撮影した「ゴルフ GTIクラブスポーツ」と「ザ・ビートル・デューン」 [現地画像94枚]

そんな中、フォルクスワーゲンでは2台の特別限定車を同イベントにて公開した。

一つは、ゴルフ GTIの生誕40周年を記念した特別限定モデル「ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション」。

同モデルはゴルフ GTI史上、いわゆるFFゴルフにおいて最強のモデルで、エンジンはゴルフRの2リッターをベースとして改良を加え、現行のゴルフ GTIと比べて33kW/45psアップさせた最高出力 195kW/265ps、最大トルク 350Nm/35.7kgmに6速DSGが組み合わされている。

さらに、このゴルフ GTIクラブスポーツでは「ブースト機能」が搭載されており、アクセルペダルをキックダウンすることで約10秒間、最高出力213kW/290ps、最大トルク380Nmを発生させることができる。

走りの面ではさらに電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックや大径ブレーキディスクが採用されているなど本格的な装備が施されており、内装もサーキットでのハードなスポーツ走行に最適なレカロスポーツシートが装備されている。

VGJ マーケティング本部長の正本嘉宏氏によると、このゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション、実はつい数週間前にドイツのVW本社工場でラインオフしたばかりとのことで、「どうしてもこの場で飾りたい!」という思いから、無理やり飛行機で日本へと持ってきたのだそう。

この「ゴルフ GTI クラブスポーツ トラックエディション」は400台限定で日本へ導入される。価格は4,699,000円(税込)。ベースのGTI(ナビ付)と比べて30万円高で買い得と言える同モデル。正本氏によると、すでにかなりの受注が入ってきているという。

また、この「トラックエディション」はフルバケに19インチアルミとスパルタンなモデルとなっているが、今秋に「ストリートエディション」と呼ばれる価格と装備を抑えたモデルも発売が予定されている。

1/3ページ

最終更新:5月22日(日)8時20分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]