ここから本文です

棚橋弘至が左肩骨折及び二頭筋断裂で全戦欠場へ

バトル・ニュース 5月22日(日)10時25分配信

 22日、前日に行われた棚橋弘至&ヨシタツ&キャプテン・ニュージャパン&リコシェvsケニー・オメガ&バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&チューズ・オーエンズの試合後、ケニーが棚橋の腕をラダーではさみイスを連続でフルスイング。大阪城でのIWGPインターコンチネンタル選手権はラダーマッチに決定しており、その試合前にラダーの使い方を教えてやると言わんばかりのラフファイトを行ったが、担架で運ばれた棚橋が検査を受けた結果左肩剥離骨折、さらに二頭筋断裂をしていることが判明。

 この負傷によりドクターストップがかかったため、5月22日(日)静岡大会~6月7日(火)仙台大会までの「BEST OF THE SUPER Jr.XXIII」全大会を欠場となることが決定。
 大阪城ホール大会は6月19日(日)となるが、棚橋は手痛いハンデを背負うことになってしまった。

最終更新:5月22日(日)10時25分

バトル・ニュース