ここから本文です

ワウリンカがチリッチを下して地元初優勝 [ジュネーブ/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月22日(日)12時8分配信

 スイス・ジュネーブで開催された「ジュネーブ・オープン」(ATP250/5月15~21日/49万9645ユーロ/クレーコート)の決勝で、第1シードのスタン・ワウリンカ(スイス)が第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-4 7-6(11)で倒して優勝、全仏オープンのタイトル防衛のためのウォームアップを行った。

ワウリンカとチリッチが決勝進出 [ジュネーブ・オープン]

 チリッチのバックハンドがベースラインを割った瞬間、ワウリンカは長引いたタイブレークの2度目のマッチポイントをものにした。

 ワウリンカはこのタイブレークで最初のサービスを2ポイント失い、一時は0-3とリードを許した。また、チリッチがつかんだ4本のセットポイントも凌がなければならなかった。

 31歳で世界4位のワウリンカにとって、このタイトルはツアー通算14個目。およそ10年にわたり、グスタッド、バーゼル、そして今回のジュネーブなどでプレーした末、母国スイスでつかんだ初めてのタイトルとなった。

 また、ワウリンカがクレーコートの大会でタイトルを獲得したのは、昨年の全仏オープン優勝以来のことだ。

 ワウリンカは、22日に始まる全仏オープンの1回戦でルーカシュ・ロソル(チェコ)と対戦する。二人は今大会の準決勝でも対戦しており、6-2 4-6 6-3でワウリンカが勝利を収めていた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: ROME, ITALY - MAY 10: Stanislas Wawrinka of Switzerland serves in his match against Benoit Paire of France on Day Three of The Internazionali BNL d'Italia 2016 on May 10, 2016 in Rome, Italy. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月22日(日)12時8分

THE TENNIS DAILY