ここから本文です

G大阪・浦和・川崎との3連戦で0得点0失点の新潟 MFレオ・シルバ「成長していると実感した」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月22日(日)9時40分配信

3連戦で3ポイント獲得

アルビレックス新潟MFレオ・シルバが同クラブでの手応えを語った。

2013年から新潟に加入し、Jリーグ屈指の助っ人として現在まで新潟で活躍を続けるレオ・シルバ。しかしクラブはレオ・シルバ加入初年度こそ7位でシーズン終えたが、2014年は12位、昨季は15位と残留争いに巻き込まれた。また今季も10節終了時点で15位に沈んだ新潟だが、11節ではガンバ大阪を無得点に抑えて勝ち点1を獲得すると、12節でも首位を走っていた浦和と敵地でスコアレスドロー。21日に開催された川崎フロンターレ戦でも相手の強力攻撃陣に得点を許さず、0-0で勝ち点1を獲得した。

川崎戦後、新潟のMFレオ・シルバは「今日の試合で、自分たちは成長していると実感しました」とコメント。「G大阪、浦和と、常に上位にいるチームと引き分けて、今日に関しては、またその2チームとは違った分析をしながら試合に臨みました。残念ながら勝点3を得ることはできなかったんですが、負けなかったので、結果には満足しています」と語った。同選手のコメントをJリーグ公式サイトが伝えている。

13節を終えても変わらず15位につけている新潟だが、強敵との3連戦で勝ち点3を獲得した。次節は29日、敵地で13位のベガルタ仙台と対戦する。この試合では残留、そして上位進出に向け、勝ち点3が求められる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月22日(日)9時40分

theWORLD(ザ・ワールド)