ここから本文です

本戦5日目、ファイナリストが出揃う [春季九州学生テニス]

THE TENNIS DAILY 5月22日(日)17時15分配信

「平成28年度 九州学生春季テニス選手権大会」(福岡県・九州国際テニスクラブ/本戦5月18~23日)の本戦5日目は男女単複の準決勝が行われ、各種目のファイナリストが出揃った。

 九州学生春季テニス選手権大会は、男子シングルス64ドロー、女子シングルス32ドロー、男子ダブルス32ドロー、女子ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス準決勝】

○8山田尚征(福岡大学4年)[13] 不戦勝 ●17北村翔平(鹿屋体育大学3年)[3]

○40山崎晃平(福岡大学2年)[10] 3-6 6-3 6-2 ●64岡村修平(鹿屋体育大学4年)[2]

--------------------

【女子シングルス準決勝】

○1久光志都佳(福岡大学4年)[1] 6-2 6-2 ●9大西亜里沙(福岡大学4年)[4]

○32中村優里(熊本学園大学2年)[2] 6-4 6-4 ●24前田彩華(鹿屋体育大学4年)[3]

--------------------

【男子ダブルス準決勝】

○9山崎晃平/成松智希(福岡大学2年/2年)[3] 6-4 6-2 ●1西上尚志/出水遼磨(西南学院大学4年/2年)[1]

○32岡村修平/森脇亮太(鹿屋体育大学4年/2年)[2] 6-3 4-6 [10-6] ●24岡野裕樹/久貝太一(福岡大学4年/4年)[4]

--------------------

【女子ダブルス準決勝】

○4橋川紗也子/吉田ひかり(西南学院大学2年/2年)6-0 4-6 [10-6] ●5五反田萌里/長嵜晴香(鹿屋体育大学3年/3年)[4]

○16渡邉夕貴/大西亜里沙(福岡大学4年/4年)[2] 6-2 6-2 ●12安上明里/今冨七絵(西南学院大学4年/4年)[3]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:5月22日(日)20時59分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。