ここから本文です

阪神、初回に原口、高山の連続タイムリーで2点を先制

Full-Count 5月22日(日)14時33分配信

原口はここ6試合で5打点目、高山は3試合連続の打点

 阪神が22日の本拠地広島戦で初回に原口、高山の連続タイムリーで2点を先制した。

 広島・中村恭を攻めて北條、ヘイグのヒットで2死一、三塁の好機を作ると原口がレフト前に落ちるタイムリーを放ち、1点を先制。さらに一、三塁から前日にサヨナラ打を放っている高山がライト前に弾き返してこの回2点を奪った。

 原口はここ6試合で5打点目、高山は3試合連続の打点となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月22日(日)14時33分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報