ここから本文です

今季も中盤戦から本領発揮!? 2試合連続ゴールのアデミウソンを指揮官が称賛「一人結果を出し始めた」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月22日(日)12時0分配信

昨季は横浜FMの攻撃を牽引

ガンバ大阪の指揮を執る長谷川監督が2試合連続ゴールのMFアデミウソンについてコメントした。

今季からG大阪に加入したアデミウソンはJ1リーグ第5節の横浜・マリノス戦で移籍後初ゴールを決めると、続く6節でもゴールを記録。その後はゴールから遠ざかったが、5月3日のACLでゴールを決めると、13日に開催されたジュビロ磐田戦でリーグ3点目、21日に行われたサンフレッチェ広島戦でも先制点を決めるなど好調を維持している。

広島戦後、G大阪の指揮を執る長谷川監督はゴールを決めたアデミウソンについて、「ゴールはパト(リック)が珍しくスルーパスを出して、非常に素晴らしいゴールでした」とコメント。「前線の選手がゴールを取れるようになってきたのは非常に大きい。本当の意味で攻撃陣が本調子になってくるのは、パトリックであったり宇佐美なんかに得点が生まれてくると、チームに勢いが出てくると思いますので。そういう中でアデが一人結果を出し始めたということは、チームにとって明るい結果だったと思っています」と語った。同氏のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

昨季は横浜FMに加入して序盤戦はリーグへの適応に苦しむも、シーズン中盤戦から圧倒的な存在感で攻撃を牽引したアデミウソン。今季も14節を終え、中盤戦に突入したJリーグで、G大阪を上位に導く活躍ができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月22日(日)12時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。