ここから本文です

まるでモウリーニョ!? 歓喜の輪まで猛ダッシュの石井監督「転んでしまいましたが……」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月22日(日)12時30分配信

後半アディショナルタイムに劇的決勝弾

鹿島アントラーズの指揮を執る石井正忠監督が21日に開催された名古屋グランパス戦についてコメントした。

昨季の途中から鹿島の指揮官を務め、カップ戦のタイトルを獲得するなど結果を残した石井監督。今季は12節を終えて3位とステージ優勝を十分に狙える位置につけているが、18日に行われたナビスコカップではホームで湘南ベルマーレに敗戦を喫し、グループステージ2試合を残して早くも同大会から姿を消した。

そのナビスコカップから中2日、21日に開催されたJ1リーグ第13節では敵地で名古屋と対戦。後半開始早々に先制を許した鹿島は56分にMFカイオが決めて同点に追いつくも、66分にセットプレイから失点を喫して再び追う展開となる。しかし86分にFW鈴木優磨が同点弾を決めると、後半アディショナルタイムにはカイオがゴール。土壇場で逆転に成功した鹿島が勝ち点3を獲得し、暫定ながら2位に浮上している。

また鹿島は逆転ゴールを決めた際、ベンチの選手やスタッフ、石井監督らがゴール前まで猛ダッシュで駆けつけ、選手とともに劇的なゴールを喜んだ。試合後、石井監督はこのことについて「必ず逆転して勝って勝ち点3を持って鹿嶋へ帰ろうとベンチで選手たちと話していたので、そういう気持ちが自然に出てしまった。途中で転んでしまいましたが……」と話している。同氏のコメントをクラブ公式サイトが伝えた。

3位の浦和レッズが2試合未消化ながら、首位まで1ポイント差の2位に浮上した鹿島。次節はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦する。早くもナビスコカップの敗退が決まった鹿島だが、リーグのステージ優勝に向け、大きな一勝を挙げた。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月22日(日)12時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]