ここから本文です

J1で1120日ぶりの得点をアシストしたのはスタンドの小学生!? 磐田MF松浦「小学生の声はよく通る」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月22日(日)13時10分配信

3年ぶりのJ1でシーズン初得点

ジュビロ磐田MF松浦拓弥が21日に開催されたヴァンフォーレ甲府戦を振り返った。

2007年から磐田でプレイする松浦は昨季、J2の舞台で3得点を記録するなどクラブのJ1昇格に貢献。3年ぶりとなるJ1での戦いとなった今季は、12節終了時点で8試合に出場するも得点は決められない。しかし21日に開催された甲府戦、磐田の1点リードで迎えた72分から投入されると、83分には右サイドを崩したMF太田吉彰からのパスをゴール至近距離から無人のゴールへと流し込み、今季初ゴールを決めて勝利に貢献した。

試合後、松浦は自身のゴールシーンを振り返り、「正直少しドキドキしましたが、入って良かったです」とコメント。「とにかくアダ(イウトン)とヨシくん(太田吉彰)が上手く崩してくれたので、感謝したいと思います」と語った。同選手のコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

またJ1で2013年4月以来となるゴールを決めた松浦は、「今日はスタンドに磐田の子どもたちが来てくれました」と話し、「小学生の声はよく通るなと。ベンチにいてもピッチに立っていても聞こえてきましたし、それが力になってゴールの場面はあそこまで走ることができて良かったなと思います」とスタンドの小学生にも感謝を伝えた。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月22日(日)13時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]