ここから本文です

【MLB】前ヤンキース監督共同保有の競走馬がレースV後に突然死、米メディア報じる

Full-Count 5月22日(日)16時41分配信

第1レースで優勝した後に突然死

 前ヤンキース監督のジョー・トーリ氏が共同所有する競走馬ホームボーイクリスが、21日にボルチモアにあるピムリコ競馬場で開催された第1レースで優勝した後、突然死したと、ESPN電子版が伝えている。

 アメリカのクラシック3冠の1つ、プリークネスステークスが開催されたこの日、第1レースに出走したホームボーイクリスは半馬身差で勝利を飾った。ウィナーズサークルで記念撮影を行った後、厩舎に戻る途中で突然倒れ、他界したという。9歳という高齢だったホームボーイクリスの死因としては、心臓に問題があったと見られている。63レースに出走し、14勝を飾っているこの馬は、2009年にはG1レースのシャンパンステークスで優勝。翌年のケンタッキーダービーでは16位だった。また、この日の第4レースではプラメディアが右前脚を骨折し、安楽死したことも伝えられている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月22日(日)16時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)