ここから本文です

安定の“ベンフィカブランド”、ついにスペイン上陸へ

theWORLD(ザ・ワールド) 5月22日(日)15時50分配信

満を持して

ベンフィカに所属するアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタンがアトレティコ・マドリード移籍に近づいているようだ。

過去にも数度欧州のビッグクラブ移籍が噂されたガイタンもすでに28歳、満を持してスペインに乗り込むことになりそうだ。同選手は今季も11ゴール、18アシストと傑出した成績を残しており、チームのリーグ優勝に大きく貢献した。そんな活躍を見たディエゴ・シメオネ監督は2500万ユーロを同選手に支払い、獲得する準備があるとスペイン『MARCA』は伝えている。

シメオネ監督は選手に厳しいタスクを課するため、適応するのは簡単でないはずだが、指揮官とは同郷でもあり、それがプラスに働くはずだ。また、プレイスタイルは完全にスペイン向きの選手だけに、加入すれば一気にスター選手へと成長する可能性もあるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月22日(日)15時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。