ここから本文です

逆転弾でユナイテッドをFA杯制覇へ導き、ヒーローとなったリンガード「勝利できて最高の気分」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月22日(日)16時50分配信

ベテランが若手を支えるユナイテッド

21日、FA杯決勝でマンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスが対戦した。試合は両チーム1点ずつ奪うも90分では決着がつかずに延長戦へ突入。すると、フアン・マタに代わってピッチに入ったジェシー・リンガードが110分に価千金の決勝弾を決め、ユナイテッドが2-1で逆転勝利を収めて12年ぶりにFA杯を制した。

そんな中、この試合のヒーローとなったリンガードが同クラブの公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応じ「勝利できて最高の気分だし、最高の形でシーズンを終えることができたね。家族や友人が見に来てくれていたから勝ててよかったよ」と喜びを語った。

さらに試合を振り返ったリンガードは「良い感じでシュートを打つことができたんだ。運が良かったよ。僕ら若手選手は前線にいるんだけど、中盤にいるベテラン選手たちが支えてくれたから勝利することができた。これぞユナイテッドという戦い方だったね」と述べ、陰の立役者はベテラン勢であったことを明かした。

今季終盤戦、ユナイテッドはベテランと若手が上手く噛み合い始め、徐々に調子を取り戻しつつあった。今夏の移籍市場でメンバーの変更はあると思うが、来季はこの関係をさらに完璧なものへと近づけ、結果を残してもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月22日(日)16時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。