ここから本文です

中日・吉見、5回1失点で今季初勝利! 谷繁監督「粘り強く投げてくれた」

ベースボールキング 5月22日(日)17時27分配信

○ 中日 5 - 1 巨人 ●
<9回戦・ナゴヤドーム>

 中日が連勝でカード勝ち越し。先発の吉見は毎回の8安打を浴びながらも5回1失点。昨年5月9日のヤクルト戦以来となる、約1年ぶりの白星を手にした。

 吉見は初回、1番長野、2番重信に連打を浴びいきなり無死二、三塁のピンチを招くも、3番坂本を投ゴロ、4番クルーズを一邪飛、そして5番村田を右飛に抑えた。3回は一死一、三塁からクルーズに先制適時打を許したが、続く一死二、三塁で村田、6番ギャレットを連続三振。4回以降も苦しい投球が続いたが、何とか5回を1失点にまとめ嬉しい今季初勝利(1敗)を手にした。

 吉見は投球内容について「走者は出したけど粘り強く投げられた。最低限の投球はできたと思う」と総括。谷繁監督は試合後「5回で8本ヒットを打たれて1点で抑えたのが奇跡のような感じだったけど、粘り強く投げてくれて、やっと勝ててよかった」と苦労人の粘投を称えた。

 打線は4回、3番大島の2号ソロで同点に追いつくと、続く二死三塁の好機で7番堂上が二塁への適時内野安打を放ち勝ち越し。6回は相手失策で3-1としたあと、再び堂上がこの試合3打点目となる2点適時打を放った。

 投手陣は6回以降、又吉、岡田、福が無失点リレー。中日は今季15度目となる逆転勝ちで、貯金を再び「2」とした。

BASEBALL KING

最終更新:5月22日(日)17時27分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)