ここから本文です

100万円で79万円儲かる? 究極の「資産運用」とは

ZUU online 5月23日(月)7時10分配信

先日、「貯めても貯めても増えない」というご相談があった。現在の普通預金金利は0.001%で、残高100万円あっても1年でつく利息は税引後わずか7円。確かに貯めても増えないのが現状だ。では、どのように資産を運用すればいいのであろうか?

このような低金利時代をむかえ投資が必要不可欠となったが、投資には時間が必要である。そこで、今回は100万円で79万円という即効性のある究極の「資産運用」ともいえる手法を確認していこう。

■「負」の財産を確認する!

資産運用を考えるときに大切なことは、リスク許容度(どれだけマイナスになっても耐えられるか)、期待リターン(どれくらい増えてほしいなという期待)、時間的な余裕(いつくらいまでにふやしたいかという期間)である。

しかし、その前に確認しておきたいことは「負」の財産、つまり借金があるかどうかということだ。国がマイナス金利政策をとることになったことで、借入金利はかなり下がってきている。とは言え、借金の利息負担はかなり重い。運用できる余裕資金があるのであれば、まず繰り上げ返済などをして今後負担する利息を軽減させることも大切な「資産運用」のひとつといえる。

■繰り上げ返済、本当に効果はたかが知れているのか?

40代のシングル女性が資産運用のご相談に来られた時のことを紹介しよう。38歳の時点で、その先独身の可能性もあり、老後で家賃支払いに苦労したくないという思いから、マンションを3500万円で購入した。35年固定ローンで金利は2.0%であった。預金の500万円のうち100万円を投資したいがどのような方法がいいか?とのご相談である。

投資信託にも興味があるとのことで、期待リターンの4%をクリアするために投資信託の種類を分散してシミュレーションしたところ約10年の時間が必要であった。そこで、その運用予算の100万円を住宅ローンの一部繰り上げ返済に充当するシミュレーションをすると驚きの結果になったのだ。

繰り上げ返済しなかった場合の住宅ローン総返済額は4173万8760円となる。借入金が3500万であるから35年間の金利負担は673万8760円。高級外車でも買えそうな金額だ。この金額を見ると、いかに借金の利息が高いかお分かりいただけるであろう。運用予算の100万円を繰り上げ返済した場合をシミュレーションすると総返済額は4094万6211円。差額はなんと79万2549円になった。わずか100万円で約79万円の効果があるということになる。

金利によって効果は異なるが、住宅ローンなどの「負」の財産がある場合は、まずその借入残高を減らしていくことが究極の資産運用ということができるのだ。

■住宅ローン以外に効果があるものがある

住宅ローン以外でも注目したい借入にクレジットカードのリボ払いがある。「月々定額払いで支払いラクラク」というチラシを見かけるが、リボ払いは利息を支払って月々同じ金額を返済していくという「借入」である。一般的なリボ払いは年利15%とかなり高い金利となっている。

例えば、20万円のバッグを月2万円のリボ払いで購入した場合、支払い元金は月2万円で翌月プラスされる手数料は2054円になる。全額支払うまでに10ヶ月かかり、支払う手数料の合計は1万3368円となるのだ。このケースでは、リボ払いで2万円支払った後に翌月全額一括返済に変更した場合、(日割り計算になるケースもあるので若干誤差はあるかもしれないが)残りの返済で払うはずだった1万1314円の利息を払わなくてすむことになるのだ。18万円の繰り上げ返済で1万1314円。利回りにすると年6.285%になる。

運用を考えることも大切であるが、借入がある場合は、まずその返済をしたほうがかなり即効性があるといえるであろう。

■資産運用よりもまずは負債の返済が先

住宅ローンもリボ払いも共通していえることは、借入利息は借入金額の残高にかかるので繰り上げ返済が早ければ早いほど効果がある。

先ほどの住宅ローンの例で、借入から20年後に100万円繰り上げ返済した場合、総返済額は4141万3798円となり繰上げしなかった場合から軽減される金額は32万4962円となる。借入から5年後に繰上げ返済した場合の軽減額が79万2549円であったから、同じ100万円でもいつ繰上げ返済するかで、これだけメリットに差が出るということがおわかりいただけるであろう。

「資産を運用して増やしてから繰り上げ返済しよう」というよりは、今ある資産で早めに繰り上げ返済したほうがメリットは大きいと言えるのだ。

「借金」というイメージとは程遠いかもしれないが、「奨学金」も借入にほかならない。無金利の場合もあるが、金利負担のある場合は金利と借入残高を確認して、他の借入があれば金利が高く借入残高が多いものから優先して繰り上げ返済していくとよいであろう。

何もしなければほとんど資産が増えない今だからこそ「究極の資産運用」とも言える繰上げ返済は真っ先に考えておきたいものだ。

稲村優貴子ファイナンシャルプランナー(CFP®)、心理カウンセラー
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆業務を行い、テレビ・新聞・雑誌などのメディアでも活躍中。FP Cafe登録FP(https://fpcafe.jp/)。

最終更新:7月18日(月)20時4分

ZUU online