ここから本文です

台湾世界遺産候補地物語展、東京で開幕 自然・文化遺産をPR

中央社フォーカス台湾 5月23日(月)14時24分配信

(台北 23日 中央社)日本の人々に台湾の重要な自然・文化遺産を紹介する「台湾世界遺産候補地物語展」が21日、台北駐日経済文化代表処台湾文化センター(東京都)で開幕した。写真パネルの展示を通じ、台湾への理解促進と日台交流の深化を図る。

パネル展では自然、離島、歴史、民俗の4つの視点から、世界遺産候補地に選ばれている太魯閣国家公園や阿里山森林鉄道、日本人技師の八田与一が手掛けた烏山頭ダム、金門島など計18カ所の魅力と歴史的背景を紹介。展示は来月3日まで行われる。

21日と22日にはオープニングプログラムとして、台湾原住民(先住民)によるパフォーマンスや日台の専門家を招いた講演も行われた。

(編集:名切千絵)

最終更新:5月23日(月)14時24分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。