ここから本文です

今後の住み替え希望‐昨今の住宅取得事情(その7)

ZUU online 5月23日(月)10時50分配信

■要旨

今後住み替えを希望している世帯は全体の約2割、そのうちの約6割が5年以内に住み替えようとしている。若い年代程、住み替え予算を借り入れに頼る傾向がある一方で、資金的制約が課題になっている。

■住み替え希望世帯

◆住み替え希望世帯は全体の約2割

今後または将来住み替えを考えている世帯は全体の19.5%。そのうち58%が5年以内に住み替えを実現しようとしている。

◆住み替え希望世帯のうち半数近くが持ち家への住み替えを希望

住み替えを考えている世帯のうち、48.8%が持ち家への住み替えを希望しており、持ち家の種類としては、「新築注文住宅」が32.6%で最も割合が高く、次いで「新築か中古かはこだわらない」が26.6%で高くなっている。「中古住宅」は11.1%で、「新築分譲住宅」の10%より高くなっている。

■住み替えの課題

◆若い年代程、住み替え資金に借入金が占める割合が高い

持ち家への住み替えを希望する世帯の住み替え予算を見ると、「1,000~3,000万円未満」が43.7%で最も割合が高く、次に「3,000~5,000万円未満」が23.9%で高くなっている。

家計を主に支える者の年代別に、持ち家への住み替え予算に占める借入金の割合を見ると、概ね若い年代程借入金の割合が高くなっており、「9割以上」は30歳未満で28.5%、30~39歳で23%を占めている。若い世帯程、借り入れに頼らなければ持ち家を取得できないことが分かる。

◆若い年代程、資金的制約が課題

持ち家への住み替え上の課題を、家計を主に支える者の年代別に見ると、50歳代まで、「預貯金や返済能力の不足、またはその可能性がある」の割合が最も高くなっている。また、年代が若い程その割合が高い傾向がはっきり出ている。

若い世帯程、持ち家取得にとって資金的制約が課題になっており、主に自己資金不足と収入の低さから来るものと考えられる。したがって、若い世帯の持ち家取得では、取得予算を極力抑えることが必要になるだろう。「予算の範囲で気に入った住宅がない」という回答が若い年代で比較的高いのも、そうした事情を反映しているものと思われる。

塩澤誠一郎(しおざわ せいいちろう)
ニッセイ基礎研究所 社会研究部 准主任研究員

最終更新:5月23日(月)10時50分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]