ここから本文です

分離帯突破対策懸命 東九州道北九州-宮崎開通あす1カ月

宮崎日日新聞 5月23日(月)11時20分配信

 東九州自動車道北九州-宮崎が全線開通して24日で1カ月を迎える。大半が対面通行の宮崎県内区間では、対向車線にはみ出す中央分離帯突破事故の対策が急務となっている。昨年は22件と過去最多。全線開通により交通量や事故の増加が予想され、県警は今春、警戒や取り締まりを強化するための白バイ隊員を配置した。NEXCO西日本は危険箇所に対策を施すなど、官民で事故防止に努めている。

宮崎日日新聞

最終更新:5月23日(月)11時20分

宮崎日日新聞