ここから本文です

VW、スポーツハッチ「ゴルフ GTI」に最も走りに特化した特別限定モデルを設定

オートックワン 5月23日(月)11時28分配信

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、スポーツハッチバックモデル「ゴルフ GTI」の生誕40周年を記念して開発された特別限定モデル「ゴルフ GTI Clubsport(ジーティーアイ クラブスポーツ)」の導入にあたり、第1弾として、サーキット走行をイメージし、最も走りに特化した「Track Edition(トラック エディション)」を5月21日より受注を開始した。

VW ゴルフ GTI Clubsport Track Editionの写真を見る

導入台数は、400台。ボディーカラーは、ピュアホワイト x ブラックルーフと、カーボンスチールグレーメタリック x ブラックルーフの2色展開で、価格(消費税込)は、469万9000円となる。

パワートレインは、現行ゴルフ Rの2.0リッター TSI エンジンをベースにさらなる改良を加え、現行ゴルフ GTIと比べて33kw/45PSアップさせた最高出力195kw/265PS、最大トルク350Nm/35.7kgmの2.0リッターTSIエンジンと6速DSGを搭載。

さらにアクセルペダルをキックダウンするだけで、約10秒間最高出力が213kw/290PS、最大トルク380Nmを発生するブースト機能が発動する。

フロントエンドは、光沢ブラックに仕上げられエアディフレクターを兼ね備えたフロントバンパーがエンジンへの空気の吸気量を向上させ、フロントの空力性能とダウンフォースを引き上げ、またリアスポイラーは、現行のGTIに搭載されているスポイラーよりも大型化し、リアアクスルのダウンフォースを最適化した。

インテリアは、赤いセンターポジションマークを配したGTIロゴ付アルカンターラ巻き専用ステアリングホイールなど、現行のゴルフGTIよりもよりレーシーなイメージとなっている。

第1弾で導入する「TrackEdition」では、専用の19インチアルミホイールとレカロスポーツシートを採用し、スポーツ走行をサポートしつつドライバーの高揚感を高める仕様となっている。

今回「ゴルフGTI Clubsport Track Edition」を新たに導入することで、フォルクスワーゲンが作り上げた“GTI”ブランドをより際立たせると共に、これからも“R”や“GTE”を含むフォルクスワーゲンスポーツモデル全体の世界観やスポーティでエモーショナルな魅力を訴求していく。

さらに、第2弾モデルとして、より気軽に「ゴルフGTIClubsport」の魅力を味わえる「StreetEdition(ストリートエディション)」の導入も予定している。

最終更新:5月23日(月)11時30分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]