ここから本文です

【MLB】イチロー、サイ・ヤング賞右腕から今季5度目マルチ! 3000安打まで「44」

Full-Count 5月23日(月)7時16分配信

2試合連続スタメンで計6安打、打率.382に上昇

 マーリンズのイチロー外野手が22日(日本時間23日)、本拠地で行われたナショナルズ戦に「1番左翼」で先発し、2試合連続となるマルチ安打を記録した。これでメジャー通算2956安打となり、3000安打まで残り「44」とした。マーリンズは2-8で敗れた。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 4打数4安打1四球と大活躍した前日の勢いは止まらなかった。腰の違和感で欠場したイエリッチの代役として急きょ先発した21日(同22日)に続き、今季3度目となる連続先発出場したこの日。2013年サイ・ヤング賞投手のナショナルズ先発シャーザーから第1打席に痛烈なセンター前ヒットを放つと、第3打席にはライトへ安打した。

 3点を追う4回先頭で迎えた第2打席には、打球は三塁へのボテボテの当たりとなったが、快足をいかして一塁へ。送球と同着に見えたが、一塁塁審はセーフと判定した。6打席連続安打と思われたが、ここでナショナルズがチャレンジを要求。ビデオ判定の結果、判定はアウトに覆され、惜しくも2試合連続猛打賞とはならなかった。第4打席はレフトフライで、4打数2安打。今季5度目のマルチ安打となった。

 この日マーリンズパークでは日本の文化を伝える「ジャパニーズ・ヘリテージ・デー」が開催され、先着1万2000人のファンに、安打数カウンターのついたイチローのボブルヘッド人形がプレゼントされた。球場に集まったファンを楽しませた2安打でメジャー通算は2956安打、3000安打まで残り44本となった。打率は.382まで上昇。偉業達成まで着実に近づいている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月23日(月)8時8分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。