ここから本文です

「にこちゃん好きすぎ」女優の野村真美に有吉弘行も「ちょっと怖い」

トレンドニュース(GYAO) 5月23日(月)12時23分配信

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。5月21日の放送では、女優の野村真美が登場しました。

有吉反省会 2016/5/21放送を無料で見られる>>

■身の回りが「にこちゃん」だらけになっていることを反省

「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)で岡倉家の四女・葉子役を25年間務めるなど、多くのドラマに出演して本格派女優として活躍中の野村真美。その野村は、「『にこちゃん』が好きすぎるあまり、身の回りが『にこちゃん』だらけになっている」ことを反省する。

「にこちゃん」とは、笑顔をあしらったスマイルマークのキャラクターのこと。バッジ、Tシャツ、ネックレスとさまざまな商品にデザインされています。野村がどんなににこちゃんが好きなのかを探ってみると、ダウンジャケットや手帳、そして靴下までにこちゃんだらけになっているほか、キーホルダーやタブレットケース、にこちゃんマークの砂糖までありました。マネジャーにも、「私の担当なんだから」と言って、バッグに大きな缶バッジをつけさせられたそうです。

そんな野村は、「人生で一番大切なものは笑顔。つまりにこちゃんなんです」と断言。なにやらアブナイ匂いがしています。

■スタジオでも「にこちゃん愛」熱弁、有吉「ちょっと怖い」

スタジオでは、MCでお笑い芸人の有吉弘行に対して、「体のそばにあるとテンションを上げてくれるもの」と熱弁。有吉から「今日はどこに付けてます?」と聞かれると、うれしそうにペンダントをかざし「にこちゃんですぅ」とその偏愛ぶりをうかがわせる。これにはさすがに有吉も「ちょっと怖い」とヒキ気味です。見届け人の博多大吉からは「にこちゃんはそういう意味で笑ってはない」と指摘されてしまいました。

その後も野村の熱弁は止まりません。有吉はじめスタジオ中がやや引いているなか、「大人の女性に愛されている」「シンプルなものにこそ深さがある」等々、アブナさ全開で「にこちゃん愛」を振りまいていました。そう、まるで“にこちゃん教”の宣教師のように。博多大吉もその熱気に飲まれ、思わず「(にこちゃんの)ペンダント買います」と言っていました。

■禊(みそぎ)は笑顔で3800メートルからのスカイダイビング

そんな野村への禊(みそぎ)は、スマイル好きということで、「笑顔でスカイダイビング」。日本最高高度という3800メートル上空からのスカイダイビングで、恐怖の絶頂でも野村は信念通りに笑顔でいられるのか。この模様も放送されます。


(文/関口賢@HEW)

最終更新:5月23日(月)12時23分

トレンドニュース(GYAO)