ここから本文です

7―9月鉄鉱石調達価格 高炉、4割上昇の公算

日刊産業新聞 5月23日(月)12時21分配信

 高炉大手の7―9月積み鉄鉱石の調達価格は4―6月に比べて4割近く上がる可能性がある。10四半期ぶりの上昇は確実。ただ足元では中国の鋼材価格の下落を受けて、スポット市場も反落しており、今後の展開次第で四半期価格は上げ幅を削る可能性もある。中国の鉄鉱石輸入の増加傾向が続いており、鉄鉱石需要は堅調と見られるが、中国の鉄鋼増産で鋼材市況が冷え込むと鉄鉱石も弱含むなど、中国発の思惑によってぶれるため、原料炭を含めて原料も先行き見通しにくい展開だ。

最終更新:5月23日(月)12時21分

日刊産業新聞