ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ5度目リハビリ登板は6回無失点! 29日についにメジャー復帰へ

Full-Count 5月23日(月)8時18分配信

傘下2Aで登板、6回3安打6奪三振無失点

 右肘靱帯再建手術からの復帰を目指すレンジャースのダルビッシュ有投手が22日(日本時間23日)、5度目のリハビリ登板を行った。傘下2Aフリスコのサンアントニオ戦に先発し、6回を投げて3安打6奪三振1四球で無失点だった。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 初回を14球で3者凡退とすると、2回は2死からライト前にヒットを許すも、次打者を空振り三振とした。3回は四球で走者を背負うが無失点とし、4回は3者凡退。5回と6回は先頭打者に安打を許すも、後続をしっかりと封じて三塁を踏ませなかった。

 87球を投げて56ストライクだった。これで5度のリハビリ登板では、合わせて20イニングを投げ、9安打21奪三振6四球で4失点(自責2)。

 球団公式サイトが伝えるところによると、順調ならば28日(同29日)本拠地で行われるパイレーツ戦でのメジャー復帰が予定されている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月23日(月)8時18分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]