ここから本文です

バルセロナ、マスチェラーノ&スアレスを失いつつも……2シーズン連続のスペイン国王杯制覇

theWORLD(ザ・ワールド) 5月23日(月)7時6分配信

延長戦の末、セビージャを破って2冠達成

22日、スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)の決勝戦がビセンテ・カルデロンで行われ、バルセロナとセビージャが対戦した。

ファイナルのカードはリーガ・エスパニョーラを制しスペイン国王杯の2連覇を狙うバルセロナと、4日前にUEFAヨーロッパリーグで3連覇を達成したセビージャによるチャンピオン同士の一戦となった。リーグ戦での対戦成績は1勝1敗と熱戦を繰り広げていたチームが激突した。

序盤からバルセロナがボールを保持するもブロックを作って守るセビージャに苦戦し、なかなか決定機まで持ち込むことができない。セビージャが狙い通りの試合運びを見せ、試合を優位に進めると、36分に飛び出したMFガメイロがペナルティエリア手前でDFマスチェラーノに倒される。このプレイでセビージャの決定機を阻止したマスチェラーノは一発退場、バルセロナは劣勢に立たされる。

バルセロナは盛り返すことができず、前半は枠内シュート0で0-0のまま後半を迎えた。一人少ないバルセロナに対して後半立ち上がりから攻めこむセビージャは50分、MFバネガがペナルティエリア外ミドルシュートを放つ。ボールは足を伸ばしたピケに当たり、軌道がやや変化し左ポストを直撃する。

さらにバルセロナにアクシデントが発生する。56分、スアレスが負傷で交代を余儀なくされる。今シーズン、チームで最も得点をあげていたスアレスを失った指揮官のルイス・エンリケ監督は、MFラフィーニャをピッチに送り込む。対するセビージャのウナイ・エメリ監督はDFマリアーノに代えて攻撃的な左MFコノプリャンカを投入し、勝負に出る。だが、アディショナルタイムに入ってまた状況が変化する。メッシのスルーパスにネイマールが抜けだすと、MFバネガがたまらずネイマールを倒してレッドカードの判定を受ける。

10人対10人になったところで90分が終了、試合は延長戦にもつれ込む。ようやく試合の均衡を破るゴールが生まれたのは97分。メッシのパスに左サイドのジョルディ・アルバが抜けだすと左足を振りぬいてネットを揺らし、待望の先制点を奪取した。

その後、延長後半の立ち上がりからセビージャは長身FWジョレンテを投入するも、追いつくことができず、120分にはDFカリーソが2枚のイエローカードを受けて退場。直後の122分、ネイマールが試合を決定づけるゴールを決め、試合終了のホイッスルが鳴った。

その結果、バルセロナが2-0のスコアで激戦を制し、2シーズン連続、最多28度目のスペイン国王杯優勝を決めた。

[メンバー]
バルセロナ:テア・シュテーゲン、ダニエウ・アウベス、ピケ、マスチェラーノ、ジョルディ・アルバ(→セルジ・ロベルト 120)、ブスケッツ、ラキティッチ(→マテュー 46)、イニエスタ、メッシ、スアレス、ネイマール

セビージャ:セルヒオ・リコ、マリアーノ(→コノプリャンカ 80)、ラミ、カリーソ、エスクデロ、クリホビアク、バネガ、コケ、イボーラ(→ジョレンテ 106)、ビトーロ、ガメイロ

[スコア]
バルセロナ 2-0 セビージャ

[得点者]
バルセロナ:ジョルディ・アルバ(97)、ネイマール(122)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月23日(月)7時26分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]