ここから本文です

自分よりもチーム! M・ゴメス「最後の2、3分でもいい」「トロフィーを掲げたい」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月23日(月)22時40分配信

唯一の本格派ストライカーだが

ドイツ代表FWマリオ・ゴメスはどのような役割も受け入れる覚悟のようだ。

今季レンタル先であるベシクタシュでの活躍が認められ、ドイツ代表へと返り咲いたゴメス。同選手以外では本格派のストライカーがいないため、EURO2016参加の可能性は高いとみられているが、チームで成功をつかみたいと独『Bild』で語っている。

「(試合の)最後の2、3分に出場するだけでも問題ない。少しでもプレイできて、チームで成功をつかめればいいんだ。2014年のリオのときのようにEUROでも王者になって、トロフィーを掲げたい。僕はそれを経験したことがないし、感じてみたいよ」

2年前、ドイツ代表が世界王者になったとき、ゴメスはコンディションが整っておらず、大会には参加できなかった。恐らくそれを悔やんでおり、代表で大きなタイトルを手にしたいと強く願っているようだ。そのためにストライカーであるゴメスの活躍は必要不可欠だが、どのようなプレイを見せてくれるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月23日(月)22時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報