ここから本文です

HKT48兒玉「大阪の駅長になりたい」

Lmaga.jp 5月23日(月)15時45分配信

JR西日本が『Team夏旅応援団』キャンペーンに、HKT48の12人を応援団員として抜擢。メンバーの兒玉遙ら6人が出席し、大阪で応援団結成式が5月23日に行われた。

メンバーらが描いた絵日記

新幹線でお出かけする夏旅を『応援する』べく、結成された『Team夏旅応援団』。6月下旬には大阪駅ほか西日本5カ所でメンバーが1日駅長を務める予定で、兒玉は「駅長は大阪駅でしてみたいです」と逆使命。「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行きたい夢があって。AKB48さんが今度、ライブをするんですが(6月2日にUSJで開催予定の『やり過ぎ! サマーLIVE』)、でもメンバー発表されたら、私の名前がなかったんで。プライベートで新幹線に乗って、大阪に来ます。粉もん好きなので、お好み焼き、たこ焼き、いっぱい食べて帰りたい」と、その理由を語った。

また夏の思い出を、絵日記で発表したメンバー。若田部は、広島の従兄弟宅近隣の池にいるというスッポン、本村はメンバー渕上舞と出掛けたユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの相合い傘、松岡は家族で大阪に訪れた際に食べた串カツ。夏にやってみたいことを描いた神志那は電車の窓にうつっている自分の姿を見ていたい、村重は故郷に近い広島を仲が良いメンバー宮脇咲良に案内したい、とそれぞれの思い描く夏を語った。

今回のキャンペーンでは大阪セントラルコート「デリカフェ・キッチン大阪」とのコラボカフェを開催したり、さまざまなキイベントが展開される。詳細は公式サイトにて随時発表。

最終更新:5月23日(月)17時56分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。