ここから本文です

『FARGO/ファーゴ』シーズン3、ユアン・マクレガーが一人二役で主演

クランクイン! 5月23日(月)20時30分配信

 映画監督のジョエル&イーサン・コーエン兄弟が放ったカルト的人気のサスペンス映画『ファーゴ』(96)をモチーフにしたドラマ版『FARGO/ファーゴ』。米FX局でのシーズン1とシーズン2が大好評に終わり、シーズン3の製作が決定。今度は映画『ムーラン・ルージュ』(01)や『スター・ウォーズ』シリーズの俳優ユアン・マクレガーが、一人二役で主演するという。

【関連】「ユアン・マクレガー」フォトギャラリー


 Entertainment Weeklyによると、ユアンはエミットとレイという兄弟を1人で演じるという。兄弟は双子ではないとのこと。エミットは“ミネソタの駐車場王”という実業家らしい。一代で富を築いた不動産王で家族思いのハンサムな男性という設定だ。一方、弟のレイは髪が薄くなってきたメタボ腹の男性。人生のピークは高校時代で現在は保護観察官だが、兄のレイに恨みを抱いているという。テレビドラマ・シリーズに初めてレギュラー出演することになるユアンの演技に期待感が高まる。

 シーズン2は1979年のノースダコタ州ファーゴが舞台となり、マーティン・フリーマンとビリー・ボブ・ソーントンの好演が話題を呼んだシーズン1よりも時代を遡のぼったが、シーズン3はシーズン1の事件から数年後の2010年に舞台が移ると伝えられた。ユアン以外のキャストは不明だが、製作総指揮を務めるノア・ホーリーは、前シーズンに登場したキャラクターが1人再登場するかもしれないと話していたという。

 『FARGO/ファーゴ』シーズン3は今年後半に撮影し、2017年に放送される予定。

最終更新:5月23日(月)20時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。