ここから本文です

マエケン、5回4失点…ドジャースは延長17回の末に勝利

ベースボールキング 5月23日(月)11時59分配信

● パドレス 5 - 9 ドジャース ○
<現地時間5月22日 ペトコ・パーク>

 ドジャースの前田健太が現地時間22日(日本時間23日)、敵地でのパドレス戦に先発したが、5回を投げて4失点で降板。これで5試合連続勝ち星なしとなった。

 メジャー初勝利を飾ったペトコ・パークでのパドレス戦。相性が良いのか、この日は立ち上がりから抜群の安定感で、パドレス打線を4回まで無安打に抑えるピッチング。

 しかし、5回表のドジャースの攻撃中に、ファウルボールを球審の股間に直撃。球審が交代するというアクシデントもあり、試合は一時中断。

 この中断が影響したのか、前田は突如崩れる。両チーム無得点で迎えた5回、先頭のアップトンに初安打を許すと、一死三塁からベタンコートにセンター前に弾き返され先制を許す。二死後、安打と四球で満塁のピンチを招くと、マイヤーズに3点タイムリー三塁打を浴び、この回4失点。結局、前田は5回4失点で降板。防御率を3.29とした。

 試合は6回にドジャースが3点を奪い1点差とすると、7回にターナーのソロで同点。8回にケンドリックの本塁打でドジャースが勝ち越したが、その裏、パドレスもアップトンのタイムリーで同点に追いつく。

 その後、試合は9回で決着がつかず延長戦へ。14回表にドジャースが無死満塁のチャンスを作るも、クロフォードが併殺、アットリーが空振り三振に倒れ無得点。さらに15回一死一、二塁の場面では代打に投手のカーショーが登場。カーショーは遊ゴロ、ヘンダーソンが三飛で得点できず。

 それでも、延長17回にプイグの2点タイムリーなどで4点を奪い勝ち越し。4点のリードを15回からマウンドに上がったストリップリンが無失点に抑え、ドジャースが9-5で勝利した。

BASEBALL KING

最終更新:5月23日(月)11時59分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]