ここから本文です

Chara、峯田ら登場! 安藤裕子ライブ「頂き物」終演&秋に新たなツアーも

RO69(アールオーロック) 5月23日(月)17時0分配信

今月21日に東京・中野サンプラザホールにて、安藤裕子「Live 2016『頂き物』」が開催され、前週大阪でも行われた、計二公演のみのライブが終宴した。

今回のライブでは、9thアルバム『頂き物』に楽曲提供を行ったアーティストの中から、大阪公演に大塚 愛、峯田和伸、DJみそしるとMCごはんの3組が、東京公演にはスキマスイッチ、Chara、峯田和伸、DJみそしるとMCごはんが出演し、安藤自身が「Festival」と称したライブが実現した。

アンコールは、出演者全員と観客による“問うてる”大合唱となり、東京公演の最後には大塚 愛がかけつけ花束をプレゼントするというサプライズもあり、興奮冷めやらぬまま約3時間におよぶステージが幕を閉じた。本公演では、ゲストアーティストの提供曲と持ち曲やカバーの、各2曲ずつで共演を果たし、そのどれもが原曲とは異なるライブアレンジが施された。

ライブ中盤、音楽を志すきっかけでもあり、事務所の先輩でもあったCharaとの共演では、歌いながら感極まって号泣する一幕も。その後は感慨深そうに何度も「ありがとう」と安藤はつぶやいていた。

そして、この日ステージ上で、今秋2年ぶりとなるアコースティックツアーを開催することが発表された。2016年9月19日(祝・月)~11月12日(土)に神奈川から神戸まで8箇所を回る。なお、オフィシャルチケット先行受付は2016年5月25日(水)よりスタートする。

<セットリスト>
2016年5月15日
大阪 森ノ宮ピロティホール
【客演】大塚 愛/峯田和伸/DJみそしるとMCごはん
1 Silk Road
2 ロマンチック
3 ないものねだりのI Want You (C-C-B カバー/w:DJみそしるとMCごはん)
4 霜降り紅白歌合戦 (w:DJみそしるとMCごはん)
5 360°(ぜんほうい)サラウンド
6 骨 (w:峯田和伸)
7 のうぜんかつら(リプライズ) (w:峯田和伸)
8 輝かしき日々
9 溢れているよ
10 再生
11 海原の月
12 Touch me when the world ends (w:大塚 愛)
13 鬼 (w:大塚 愛)
14 やさしいだけじゃ聴こえない
15 Break These Chain (Chara カバー)
16 夢告げで人
17 Last Eye
18 聖者の行進
EN1 アメリカンリバー
EN2 問うてる (w:ALLゲスト)

2016年5月21日
東京 中野サンプラザホール
【客演】スキマスイッチ/Chara/峯田和伸/DJみそしるとMCごはん
1 Silk Road
2 ロマンチック
3 ないものねだりのI Want You (C-C-B カバー/w:DJみそしるとMCごはん)
4 霜降り紅白歌合戦 (w:DJみそしるとMCごはん)
5 360°(ぜんほうい)サラウンド (w:スキマスイッチ)
6 世界をかえるつもりはない (w:スキマスイッチ)
7 骨 (w:峯田和伸)
8 のうぜんかつら(リプライズ) (w:峯田和伸)
9 輝かしき日々
10 溢れているよ
11 再生
12 海原の月
13 やさしいだけじゃ聴こえない (w:Chara)
14 Break These Chain (Chara カバー/ w:Chara)
15 Touch me when the world ends
16 夢告げで人
17 Last Eye
18 聖者の行進
EN1 アメリカンリバー
EN2 問うてる (w:ALLゲスト)

Band Member:
Key.山本隆二
Gt.設楽博臣
Ba.沖山優司
Dr.あらきゆうこ
Key&Cho.酒井由里絵

アコースティックツアーの詳細は以下の通り。

●ツアー情報
「安藤裕子 2016 ACOUSTIC LIVE」
<日程>
2016年9月19日(祝・月)神奈川県立音楽堂
2016年9月22日(祝・木)岩見沢市民文化センター 中ホール
2016年9月24日(土)旭川島田音楽堂
2016年10月15日(土)仙台戦災復興記念館 記念ホール
2016年10月16日(日)福島いわきPit
2016年11月3日(祝・木)長野まつもと市民芸術館 小ホール
2016年11月6日(日)東京国際フォーラム ホールC
2016年11月12日(土)神戸朝日ホール
<チケット>
前売 4,500円(税込)
一般発売日:2016年8月7日(日)
チケットオフィシャル先行受付:
抽選エントリー期間:2016年5月25日(水)12:00 ~5月31日(火)23:00

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月23日(月)17時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。