ここから本文です

蝶々P/papiyon、「一之瀬ユウ」として秋にメジャーデビュー!

RO69(アールオーロック) 5月23日(月)20時20分配信

VOCALOIDクリエイターの蝶々P/papiyonが、シンガーソングライター・一之瀬ユウとして秋にメジャーデビューすることを発表した。

これは、一之瀬ユウの誕生日である本日2016年5月23日(月)に発表されたもので、最新アーティスト写真が公開されている。

秋に発売される商品の詳細は発表されていないが、作詞・作曲・編曲に加えて、ギター、ピアノの演奏のほか、ボーカルを一之瀬が担当することが決定している。

デビューに関して本人から以下のコメントが寄せられている。

---------------------
今までボカロPや作曲家として活動させて頂き、支えて下さる方々や楽曲を聴いて下さる皆様のお力添えもあり、これまで音楽を続けてくる事が出来ました。

ネットに楽曲を投稿する前、高校生の頃にバンド活動をしていた時期があったんですが、自分の作った楽曲が色んなライブで歌われるのを見たり、自分で歌ったりしているうちに、また自分の音楽を自分の声で届けていきたいという気持ちが大きくなっていくのを感じていました。

ちょうどそんな気持ちがはち切れそうな時、シンガーソングライターとしてデビューというお話を頂いたので、名前を変えて、一からスタートする気持ちで「一之瀬ユウ」として新たな道を歩んで行くことを決意しました。もちろん「蝶々P」を辞めてしまうわけではありませんので、ボカロPとしての活動や楽曲提供などに関しても、今まで以上に活躍の場を広げて頑張っていけたらと思っています。

秋まで少しありますが、早く皆さんに一之瀬ユウとしての音と言葉を届けられる事を楽しみにしています
---------------------

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月23日(月)20時20分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。