ここから本文です

中元に「地元の食文化を」 金沢市の香林坊大和が出陣式

北國新聞社 5月23日(月)16時3分配信

 金沢市の香林坊大和の中元商戦出陣式は23日、同市の香林坊アトリオステージで行われ、従業員約150人が夏の一大商戦の必勝を誓った。

 今年は6月1日から8階催事場にギフトセンターを開設し、注文を受け付ける。全約1600点のうち、7月3日までに申し込むと最大15%引きの「早割」対象品は900点とする。早割期間中、全ての早割商品をネットで注文すると全国一律で送料無料になる。売れ筋商品の価格が上昇傾向にあることから、商戦の売り上げ目標は前年比2%増とした。

 出陣式では、島田純一店長が今年9月に香林坊店が開店30周年を迎えることに触れ、「地元の食文化の良さをあらためて実感する中、さらに飛躍する年にするため、地元の百貨店にしか用意できないこだわりの商品を笑顔で提案しましょう」と呼び掛けた。目玉商品の紹介では、赤玉本店の名物料理「牛すじ煮込み」や杉野屋与作の「子持ちイカ詰め合わせ」など地元色の強い商品が登場し、全員で威勢よくガンバロー三唱した。

北國新聞社

最終更新:5月23日(月)16時3分

北國新聞社