ここから本文です

ブーム到来!?大阪・兵庫の名作食パンが集結する、パン好き必見(必食)マルシェ開催

Webマガジン コロカル 5月23日(月)11時12分配信

コロカルニュースvol.1692

ここ数年のパンブームのなかでも、食パンに力をそそぐ街のベーカリーが増えています。専門ショップも続々とオープン中!

【写真ギャラリーで見る】ブーム到来!?大阪・兵庫の名作食パンが集結する、パン好き必見(必食)マルシェ開催

そんな食パンブームのさなか、2016年5月25日(水)~31日(火)、阪神梅田本店にて、大阪を中心に、関西で作られているこだわりの食パンが集結するイベント〈うめいちマルシェ〉が開催されます。各階のイベントスペースにて、7店の食パンをご紹介。人生最高の食パンに出会えるかも!? それでは登場する食パンたちをご紹介。

まずは兵庫県尼崎市・武庫之荘の無添加食パン専門店〈点心〉より。元中国料理のシェフによる、みごとなキメの細やかさがポイントのパンです。豚まんや餃子の生地づくりによって培われた腕による点心の食パンは、生地の目が詰まっていてふわふわ。小さなお子さまに配慮して乳化剤や保存料などの食品添加物と卵は使っておらず、口どけの良さにこだわって耳までふわふわです。ちぎって食べるのが1番! 各日限定数100です。

大阪市西中島〈レアリッチ〉の食パン。水分が多くてずしっと重量感があります。また、生地の目が詰まっていてきめが細かく、しなやかな食感です。焼かずに味わってほしい、口の中ですっととけるレアな食感は体験の価値あり! 焼かずにそのまま食べてもおいしいのは、旨み成分を閉じ込める独自の製法でしっとりと仕上げているから。卵や防腐剤、安定剤も使用していません。

続いて、大阪市・福島の〈食パン工房ラミ〉。卵は使わず、吸水率の高い小麦粉、宮崎県高千穂ランドの生クリームと練乳を使うことで、ふわっとした食感でやさしい味わいの食パンに焼きあげています。お子さまの口にも合うしっとりとやわらかな食感。各日正午から、各日限定数100の販売です。

大阪府茨木市〈見山の郷〉。自然に富み、美水が流れる茨木北部の見山で作られているパン。〈見山の郷〉は、農家の方たちが、自分たちの農産物を使ってつくった商品を販売している農事組合法人です。今回ご紹介するのは、乳化剤や保存料などの食品添加物を使用せず、米粉を使って焼きあげたパン。しっとりもちもちで、噛むほどに、お米の甘みが口の中に広がります。

大阪府堺市の〈泉北堂〉による、もっちりとした食パン。〈泉北堂〉の食パンは、独自のもっちり感がポイント。その秘密はこだわりの製法にあります。小麦粉を熱湯でこねて、でんぷんを糊化させる湯種製法。標準よりも長い時間をかけて発酵させた生地を、大谷石の“石室窯”で水分を残しながら内側から火を通すことで外はカリッ、中はもっちり、の食感に焼きあげているんです。

大阪府豊中市の〈ブーランジュリー メルク〉。じっくり発酵させた素材本来の旨みが活きた食パン。生地の発酵を促すイーストの量を少なくし、ゆっくりと時間をかけて発酵させ焼きあげたパンです。皮がパリパリで中はふんわりとして軽い食感で、噛むほどに、小麦本来の風味口の中に広がります。

ほか、大阪市都島区の食パン専門店〈一本堂〉のほか、地下一階では〈ル ビアン〉〈ドンク〉〈ヘンゼル〉〈ポール〉〈ダイヤ製パン〉など阪神食品館人気ベーカリーから各店ご自慢の食パンが集結する一週間。パン好きの方はお見逃しなく!

information
阪神梅田本店
住所:〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13番13号
TEL:06-6345-1201

〈うめいちマルシェ〉
会場:各階 イベントスペース
期間:2016年5月25日(水)~31日(火)


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:5月23日(月)11時12分

Webマガジン コロカル