ここから本文です

ジロ・デ・イタリア、決戦の舞台はアルプスへ…総合争いの行方は?

CycleStyle 5月24日(火)10時45分配信

全24日間で争われるジロ・デ・イタリアは5月23日に大会3度目の休息日を過ごし、いよいよ24日から最後の6ステージに突入する。総合1位のマリアローザを着用するのはロットNLユンボのスティーブン・クルイスウエイク(オランダ)だ。

他の写真を見る

2分12秒遅れの総合2位にオリカ・グリーンエッジのエステバン・チャベス(コロンビア)。2分51秒遅れの総合3位にアスタナのビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)、3分29秒遅れの総合4位にモビスターのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)。優勝争いはこの4人に絞られた。

クルイスウエイクは28歳。2010年にプロチームのラボバンク入りし、国際レースの優勝は2014年のアークティックレース・オブ・ノルウェーしかない。ただしジロ・デ・イタリアでは2011年に総合8位、2015年に総合7位に食い込んでおり、今大会もチームのエースとして起用されている。三大ステージレースのすべてで完走を果たしているオールラウンダーだが、区間優勝はまだない。

第19、20ステージはアルプスを越えてフランスを往復する。ただしニーバリやバルベルデといったベテランがそのステージの前から揺さぶりをかけてくるのは必至。クルイスウエイクとしては正念場の日々が続く。

大会は5月29日にトリノにゴールして終了する。

最終更新:5月24日(火)10時45分

CycleStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。