ここから本文です

円高となったこともあり、本日の日本市場は冴えない展開

ZUU online 5月24日(火)7時40分配信

おはようございます。昨日は播州赤穂というところまで日帰り出張でした。2週続けての遠出でしたが、投資への関心はどこでも高いようです。昨日のセミナーでも話したのですが、株式投資で苦労されている方も多いのですが、何も株式投資なんぞで苦労する必要はないと思います。

しっかりと利益を出せるように勉強することも大事ですが、人より稼がなければいけない、ということはないのですから、自分なりに株式投資で楽しめるやり方をすればいいと思います。しっかりと資金管理をして決して無理をしないということが一番大切ですし、もっともっと投資を楽しむということに重点を置いてみても良いのではないかと思います。

米国株は冴えない展開となりましたが、特に売り急ぐということでもなく材料視されそうもありません。ただ、為替が円高となったこともあり、本日の日本市場は冴えない展開となりそうです。自動車株などが米国でも売られており、日本市場でも売られそうです。すでに売られ過ぎ感が強い電機株などは買い直しもあるのでしょうが、サミットを控えて動き難いところでもあり、小型銘柄の値動きのいいものを物色するような幕間つなぎの動きとなりそうです。

16,500円水準での底堅さが見られるかどうかというところです。先週来16,500円水準が底値という感じになっており、引き続き手掛かり難のなかで16500円~16,800水準での動きとなりそうです。為替がさらに円高になるようであれば、再び16,400円水準までは下落となるかもしれません。先物の仕掛け的な買いが入り、為替も円安となれば意外高となってくるのでしょう。

■本日の投資戦略

方向感に乏しい展開が続いています。特に何がどうしたということでもないので動けないということなのだと思います。目先の値動きについていける向きはそれでいいのでしょうが、そうでない人はしっかりと業績面などを見ながら安いところで買っておくということで良いのだと思います。

決算発表時に今期の想定為替レートを1ドル=105円とかで見ていた企業にとっては少なくとも12カ月のうち、1カ月半の間は105円を3%程度上回った水準で推移しているのですから、これだけでも上方修正期待が出ても良いのだと思います。特に米国で利上げが取りざたされるということは新興国の景気が大丈夫、米国内の消費も大丈夫ということですから、今度は素直に円安になったりと好感する動きも期待できそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:5月24日(火)7時40分

ZUU online