ここから本文です

台湾、「沖ノ鳥は岩」の主張取り下げ 与野党から異論続出

中央社フォーカス台湾 5月24日(火)15時33分配信

(台北 24日 中央社)行政院(内閣)の童振源報道官は23日、馬英九前政権が「岩」と主張していた沖ノ鳥(日本名:沖ノ鳥島)について、国連の大陸棚限界委員会の決定を尊重し、決定が下るまでは「法律上の特定の立場をとらない」と発表した。ただ、20日に発足したばかりの蔡英文政権による方針転換に対し、下野した中国国民党(国民党)はもちろん、与党の民主進歩党(民進党)からも異論が相次いでいる。

民進党の黄偉哲・立法委員(国会議員)は24日、方針転換は「速すぎると言わざるを得ない」とした上で、台湾は沖ノ鳥を「岩」と主張するべきだと訴えた。同党の蔡其昌・立法院副院長(国会副議長)も、新政権の決定に理解を示しつつも、個人的には「岩」だと認識していると語った。

国民党の林徳福・立法委員は同日、新政権を「弱腰」と批判し、「台湾の漁民は今後、公海で日本の船を見たら逃げなければならないのか」と皮肉った。同党の江啓臣・立法委員は、「国の尊厳と品格を損なう発言だ」と童報道官を非難した。

また、民進党、国民党に次ぐ第三党の時代力量も、沖ノ鳥は「岩」であるとの立場を示している。

(戴雅真、蘇龍麒、温貴香、陳俊華/編集:杉野浩司)

最終更新:5月24日(火)15時33分

中央社フォーカス台湾