ここから本文です

遺体遺棄事件「激しい憤り」 うるま市議会が抗議可決

沖縄タイムス 5月24日(火)11時13分配信

 【うるま】元米海兵隊員の軍属の男による女性遺体遺棄事件で、うるま市議会は24日午前の臨時会で、抗議決議と意見書を全会一致で可決した。
 抗議決議では「またしても市民が犠牲となる凶悪事件が発生したことは断じて許せず、激しい憤りを覚える」と批判。「渾身の怒りを込めて厳重に抗議する」とし、遺族への謝罪や、米軍属の管理体制と責任の所在を明らかにすることなどを求めた。
 うるま市議会と島袋俊夫うるま市長は同日午後、沖縄防衛局などに抗議文を提出する。

最終更新:5月24日(火)13時3分

沖縄タイムス