ここから本文です

【インド】新州都建設は日本の責任─アンドラ・プラデシュ州首相

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 5月24日(火)13時48分配信 (有料記事)

 アンドラ・プラデシュ(AP)州政府が取り組んでいる新州都「アマラバティ(Amaravati)」の建設について、同州のN・チャンドラバブ・ナイドゥ首相は5月23日、「アマラバティの建設に日本政府は責任を負っており、新首都は東京の後に続くような都市になる」と述べた。都市計画などを槇総合計画事務所が担当しているほか、整備を日本政府が支援していることなどを受けての発言。PTI通信が同日付で報じている。

 AP州からは2014年6月、テランガナ州が分離。州都のハイデラバードはテランガナ州内に位置するため、当初10年間は両州の共同首都とし、その間にAP州は新たな首都を建設することになっている。本文:1,408文字 この記事の続きをお読みいただくには、INDO WATCHER ビジネスプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    378円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:5月24日(火)13時48分

INDO WATCHER ビジネスプレミアム