ここから本文です

ダニエル太郎が4度目の挑戦でグランドスラム初勝利 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月24日(火)0時13分配信

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の男子シングルス1回戦で、ダニエル太郎(エイブル)がマルティン・クーリザン(スロバキア)と対戦。ダニエルから3-6 4-6 7-5 6-4 3-0の時点でクーリザンが棄権したため、ダニエルの2回戦進出が決まった。

【インタビュー_WOWOW動画】全仏オープン開幕直前~ダニエル太郎

 ダニエルは全仏オープンには、予選を勝ち抜いた昨年に続いての出場。前回は1回戦でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に3-6 4-6 2-6で敗れていた。

 ダニエルは2014年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で予選を勝ち上がり、グランドスラム本戦初出場を果たしてから、4度目の挑戦で初勝利を掴んだ。

 2回戦でダニエルは、ディフェンディング・チャンピオンで第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦する。ワウリンカは1回戦で、ルーカシュ・ロソル(チェコ)を4-6 6-1 3-6 6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - MAY 23: Taro Daniel of Japan hits a forehand during the Men's Singles first round match against Martin Klizan of Slovakia on day two of the 2016 French Open at Roland Garros on May 23, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月24日(火)7時46分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]