ここから本文です

試乗でわかった!後輪駆動版のウラカンLP580-2は「限界のわかりやすさ」を追求したスーパーカー!

オートックワン 5月24日(火)10時48分配信

まだ運転が全然いけてなかったウン10年前、私はスーパーカーに乗るのが怖くて怖くて仕方ありませんでした。

後輪駆動版のウラカンLP580-2を写真でチェック(画像56枚)

特に雨のコーナリングは恐怖以外のなにものでもなく、ひたすらゆっくりとしか走れなかったので、後ろから追いついてきたスポーティなコンパクトカーなどにバンバン抜かれたものです。

なぜそんなことが起きたのでしょうか?唐突ですが、ここで崖っぷちに立たされた人の心理を考えてみてください。

もし、「崖っぷちはここ」とはっきりわかっていれば、わりとそのギリギリまで行けるかもしれませんが、「この先のどこかに崖っぷちが隠されています」といわれたら、恐ろしくて一歩も前に進めなくなるでしょう。

それと同じで、コーナリングの限界があらかじめわかっていれば、ドライバーはかなりそれに近いペースで走れますが、どこが限界かがわからない状態では、実際の限界よりもずっと遅いペースでしか走れないことになりかねません。

だから、クルマの性能を向上させてただ限界を引き上げるだけでなく、「限界がわかりやすい設定」をすることが、安全のためにもスポーティドライビングのためにもとても大切なのです。

前置きが長くなりましたが、先日試乗したランボルギーニ・ウラカンLP580-2は、性能が高いのはもちろんのこと、この「限界のわかりやすさ」を徹底的に追求した最新のスーパースポーツカーだったので、ここで紹介したいと思います。

実を言うと、最近のスーパースポーツカー業界では、この「限界がわかりやすいクルマ作り」が重要なテーマに位置づけられていて、各メーカーが懸命の努力を続けています。

具体的には、パワーステアリングの設定に工夫を凝らして路面の感触を掴みやすくしているほか、クルマの横滑りを防止するESPに最新の技術を投入して「少しくらいクルマが滑り始めてもコンピューターが補正する」仕組みを用意することで、限界に近づいたことを早めに知らせたり、うっかり限界を越えてしまったときにも安全に対処できるようにしているのです。

それでも、「おお、崖っぷちに近づいてきた!」と感じられるのは限界の9割か、せいぜい8割くらい。経験豊富なドライバーだったらこれでも十分でしょうが、「これからスポーツカーに乗って腕を磨きたいと思っています!」という中級ドライバーには、いささか荷が重い相談です。

ところがウラカンLP580-2は、この“限界察知レベル”を7割か8割くらいまでグンと引き下げ、さらに多くのドライバーが安心してスポーツドライビングを楽しめるように作られていたのです。

1/3ページ

最終更新:5月24日(火)10時48分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]