ここから本文です

かけっこトレーニング!足がどんどん速くなる「基本姿勢」とは?

ベネッセ 教育情報サイト 5月24日(火)12時0分配信

運動は苦手……というお子さまはいませんか? もし、お子さまが運動は得意でないというのなら、ぜひ「かけっこ」のコツを教えてあげてください。かけっこは、すべての運動の基本といえます。走ることへの苦手意識がなくなれば、それは本人にとって大きな自信につながるでしょう。

そこで、かけっこが苦手なお子さまでも「できた!」と実感できる、とっておきの練習方法をご紹介します。教えてくれるのは、元陸上競技選手で、男子200mハードルでアジア最高記録を樹立し、現在はプロ野球選手やJリーガーなど、さまざまなスポーツ選手に走り方の指導も行なっているスプリント・コーチの秋本真吾さんです。

理想的な走り方とは

走り出す時は、頭の上から足の先まで一本の芯が通っているような、まっすぐな姿勢を保たねばなりません。踏み込む時の足は、体の中心の近くで地面に着地。この時、足の裏ではなく、つま先から地面に着けているのがわかります。別の角度から見てみましょう。まっすぐな姿勢を保ち、体の中心近くに足を持ってきて、つま先から着地。これが、速く走るためのポイントです。

速く走るための基本姿勢

速く走るためには、体をまっすぐな状態にする必要があります。まっすぐな姿勢をつくる方法として、壁に背中を向けて立ってみましょう。頭・お尻・かかとの3か所がぴったりと壁に着くよう意識して立ちます。まっすぐな姿勢をつくることができたら、そのままゆっくり歩き出しましょう。

次は、壁のないところで姿勢の確認です。顔を上げて背筋を伸ばし、正しい姿勢をつくったら、ゆっくり歩きだします。正しい姿勢の歩きから、そのまま走りにつなげていきましょう。姿勢をつくる時、ひざが曲がっていたり、踏み出す足が進む方向に向いていなかったりすると、速く走ることはできません。

走る時の正しい姿勢とは、顔がしっかり上がって、背筋がピンと伸びている状態です。頭のてっぺんから足の先まで、一本の芯が一直線に通っているようなイメージです。こうした姿勢がつくれれば、スタートの時につま先で地面を蹴って、大きな反発力を生み出すことができます。

正しい姿勢を崩さないことが、速く走るためにはとても重要です。腕を大きく振って足を高く上げても、基本的なフォームが崩れていては、スピードが出せません。正しい姿勢は、あらゆるスポーツの基本です。自分の姿勢を自分で確認することは難しいので、保護者のかたがお子さまの姿勢を見てあげるようにしてください。


参考:<動画>足がどんどん速くなる!かけっこトレーニング
https://www.youtube.com/embed/WqjCIy_JlFE

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:5月24日(火)12時0分

ベネッセ 教育情報サイト