ここから本文です

4月鉄鋼輸出、10%減の321万トン。定修などで輸出余力限られ生産追いつかず

鉄鋼新聞 5月24日(火)6時0分配信

 財務省が23日に発表した4月の貿易統計(速報)によると、全鉄鋼ベースの輸出は前年同月比10・3%減の320万7千トンだった。引き合い自体は3月の市況急騰を受けて旺盛だったが、高炉大手の生産が追いつかず、2カ月連続の前年割れとなった。

 もともと4~6月期は定期改修が多く予定されていることなどもあって、高炉大手の輸出余力は限られている。新日鉄住金は4月に名古屋製鉄所、5月に鹿島製鉄所、6月には君津製鉄所の熱延ミル改修があり、JFEスチールも東西両製鉄所の生産がタイトな状況だ。
 5月に入り中国の鋼材市況は軟化しているものの、日本高炉は既存の輸出向け受注をこなすのに当面手いっぱいで「7~9月積みの輸出商談も数量を追う必要はなさそうだ」(高炉メーカー輸出幹部)との声も聞かれている。
 4月の地域別輸出では、ASEAN向けが8・2%増の111万5千トンとなり3カ月連続で増加したが、韓国や台湾などアジアNIEs向けは5・8%減の86万5千トンで14カ月連続、中国向けは10・3%減の45万トンで4カ月ぶりの前年割れだった。
 アジア以外では、中東向けが58・1%減の6万2千トンと大幅に減少。熱延や冷延鋼板で対日アンチダンピング(反不当廉売=AD)措置が適用された米国向けは10・1%減の16万9千トンで、6カ月連続の前年割れだった。
 4月の全鉄鋼輸入は2・8%減の60万7千トンとなり、3カ月ぶりに前年割れへ転じた。うちアジアNIEsからは1・9%減の35万7千トン、中国からは0・1%減の13万2千トンとほぼ前年並みだった。

最終更新:5月24日(火)6時0分

鉄鋼新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]