ここから本文です

バーディ、岡崎、ウジョアと同じハイレベルのFWが必要だ レスターとリヴァプールがFW獲得巡って争い

theWORLD(ザ・ワールド) 5月24日(火)6時20分配信

両クラブの好みに合った選手

圧倒的な走力で見る者を熱くさせたリヴァプール、同じくハードワークを武器にプレミアリーグ王者にまで輝いたレスター・シティが追い求める選手はどうしても似てしまうのかもしれない。

英『Independent』は、リヴァプールとレスターがサウサンプトンFWシェーン・ロングの獲得を巡って争っていると報じた。ロングはプレミアリーグでの経験も豊富な29歳のアイルランド人FWで、2014-15シーズンからサウサンプトンに移籍。今季はリーグ戦28試合に出場して10得点を挙げている。

レスターは来季のチャンピオンズリーグに備えるために即戦力の補強を求めており、同メディアはジェイミー・バーディ、岡崎慎司、レオナルド・ウジョアに加えてもう1人ハイレベルなストライカーが必要と伝えている。

一方のリヴァプールは指揮官ユルゲン・クロップのスタイルに適応できなかったクリスティアン・ベンテケの去就が不透明で、エースのダニエル・スタリッジも負傷の多さが気にかかる。さらにロングは前線から守備に走る作業も得意としており、その点もクロップの好みに合っている。

サウサンプトンはロングの放出に否定的な構えを見せているが、確かな得点力に加えて前線でハードワークできるロングは両クラブが理想とする選手だ。果たしてロングは来季どのクラブでプレイすることになるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月24日(火)6時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報